スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スケート 銀の穂積選手が母校訪問 北海道千歳(毎日新聞)

 バンクーバー大会で冬季五輪に初出場し、スピードスケート女子・団体追い抜きで銀メダルを獲得した穂積雅子選手(23)が20日、母校の北海道千歳市立青葉中学校(千葉英一校長)を訪問した。

 1、2年生約320人に迎えられた穂積選手は、選手村での食事や同室だった高木美帆選手の話を交え、「何から何まで新鮮だった」と報告。質疑応答では「スピードスケートとは何ですか」という生徒からの問いに「人生そのもの」と応じ、「たくさんの人に支えられて、青葉中時代に夢だった五輪出場がかなった。みんなも目標に向かって頑張って」と後輩を激励した。

 自身もスピードスケートをやっているという生徒会役員の星佳歩さん(2年)から「青葉中全員の誇りです」と穂積選手へ花束が贈られた。穂積選手はこの日、母校の日の出小学校など2校も訪問した。【円谷美晶】

【関連ニュース】
高木美帆選手:1人の「卒業式」…北海道・札内中
日本ハム:スケート代表・高木選手がハーフタイムピッチ
高木美帆選手:「努力を忘れない」 町民栄誉賞表彰式
スピードスケート:高木美帆選手が入学式 帯広南商高生に
五輪スピード:田畑が涙、高木「感動」…団体追い抜きで銀

<プロミネンス>米国の新太陽観測衛星が高解像度撮影(毎日新聞)
豊田章男・トヨタ自動車社長 人がいいのはいいけれど… (産経新聞)
「まさかジオスまで」再び繰り返された混乱(読売新聞)
再び時効直前に起訴=暴行事件、DNAが一致-解体業の男、関与認める・水戸地検(時事通信)
首相「約束を守るべく努力」 普天間問題で小川氏と意見交換し(産経新聞)

訪問13回も「懐に飛び込めず」行政が見逃した虐待死、3つの要因(産経新聞)

 大阪府寝屋川市の岸本瑠奈ちゃん(1)虐待死事件は16日、父、憲(あきら)容疑者と(26)と母、美杏(みき)(27)容疑者の逮捕から1週間。2人は、4姉妹のうち三女の瑠奈ちゃんだけを暴行した理由を「一番言うことをきかなかったから」と供述しているという。市は早くから虐待を疑い、府中央子ども家庭センター(児相)と連携。昨年10月、顔のあざを確認し、美杏容疑者が体罰を認めたが、瑠奈ちゃんは保護されなかった。なぜ悲劇は防げなかったのか-。

 ■あざ確認3回も、親の反発を恐れ見送り

 市の初めての家庭訪問は病院から瑠奈ちゃんの生後1カ月健診未受診の連絡を受けた2日後。支援の立ち上がりは迅速だった。

 以後、瑠奈ちゃんが意識不明の重体で救命病院へ搬送される1歳8カ月までの間に13回訪問し、うち7回は父母に会えたという。

 瑠奈ちゃんの顔のあざに気づいたのは3回。市と児相は昨年7月22日の会議で虐待を疑ったが、「子育ての実態がつかめない」として判定を見送った。

 市は昨年10月16日、美杏容疑者の体罰を認める話と瑠奈ちゃんの顔の青あざを同時に確認。この時点で虐待と断定し、保護できた可能性があったが、訪問結果を児相へ報告せず、虐待の見逃しにつながった。

 なぜ市はこの結果を軽んじたのか。関係者への取材で3つの要因が浮上した。

 この日家庭訪問した担当者は、それまでの健康増進課ではなく、こども室の職員で、美杏容疑者と初対面だった。前回の訪問時、美杏容疑者から「虐待を疑っているんか」と抗議され、健康増進課の担当者の訪問を拒絶されたためという。「リスクが高いケース」と子ども室に引き継がれていたが、初対面のため、瑠奈ちゃんのあざを確認し、体罰を認める発言を聞いても、危機感を強く持てなかった可能性がある。

 また、訪問の主な目的は、昨年7月中旬に誕生したばかりの四女に乳幼児健診を受けさせることだったという。瑠奈ちゃんより体力のない四女の状態把握に市の関心が向き、見逃しにつながった公算が大きい。

 さらに、昨年7月30日の訪問で瑠奈ちゃんの顔のあざがいったん消えたことを過大評価していた可能性がある。四女の世話に追われ、一時的に瑠奈ちゃんへの暴力が止まっていたという実態への理解が不十分だったとみられる。

 市は「対応は適切だった。最善の努力をしたと考えているが、結果は重大であり、支援の経過を検証したい」としている。

 ■複数職員で意識の連携を

 児童虐待問題に詳しい津崎哲郎・花園大特任教授の話「強制的な調査権を持たない市は、親の反発を恐れてこわごわ接してしまうことがあるが、ときには親の心情を害してでも家庭の事情に踏み込み、措置を取る必要がある。そのためには相手の懐に飛び込む“技”を持った複数の職員が、さまざまな角度から接触を試み、的確な情報をつかむことが重要だ。今回の事例では、担当者同士で、瑠奈ちゃんに対する意識を共有しきれず、うまく情報をつなぎ合わせられなかったのではないか」

 【用語解説】岸本瑠奈ちゃん虐待死事件

 大阪府寝屋川市の自宅マンションで平成22年1月、体を強く揺さぶられて脳が損傷、1カ月半後に死亡した。未熟児で生まれたのに乳幼児健診を一度も受けさせてもらえなかった。体重は極端に軽く、全身に無数のあざが見つかった。

【関連記事】
真冬に姉妹全員オムツ姿 寝屋川女児虐待死で逮捕の両親、育児放棄か
小さな体はミイラのようだった…ネグレクトの果てに
泣き叫ぶ姿「面白い」 子供で遊ぶ「ペット虐待」親たち
愛されなかった過去 親への憎しみが自分の娘に
息子の目は鬼でも見るかのようだった…止まらぬ虐待

<転落死>マンション12階から4歳児 千葉・印西(毎日新聞)
アライグマ爪跡、二条城・平等院…世界遺産台無し(読売新聞)
光ケーブル課徴金160億円、各社に通知(読売新聞)
今朝は真冬並み…4月の気温乱高下(読売新聞)
夫婦の不仲のつけを背負わされ… 奈良・桜井市男児餓死事件(産経新聞)

<山崎直子宇宙飛行士>アームを操作しシャトルの機体点検(毎日新聞)

 【ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)奥野敦史】国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の山崎直子宇宙飛行士(39)は米東部時間16日午前(日本時間同日午後)、地球帰還に向けてスペースシャトル「ディスカバリー」の機体を点検した。

 山崎さんは機体先端と左翼を担当。シャトルのロボットアームを操作し、表面の耐熱タイルの損傷をカメラで調べた。通常、点検はISS離脱後に行うが、シャトルから地上に映像を送るアンテナが故障中のため、ドッキング状態で行った。

 点検の前には装置トラブルのため、ISSから外した状態にしていたコンテナ「レオナルド」のシャトルへの収納も実施。半日遅れで無事作業を終えた。シャトルは同17日午前8時52分(同午後9時52分)ISSから離脱する。

【関連ニュース】
山崎直子宇宙飛行士:アーム操作し帰還に向けシャトル点検
ISS:冷却装置一つにトラブル発生 シャトル着陸延期か
山崎さん:「地球も、私たちも宇宙の一部」宇宙体験語る
ISS:女性4飛行士の写真を公開 同時滞在の新記録
野口聡一さん:誕生日にあめ 山崎さんが職人に依頼

外相・米大使、普天間調整で15日にも会談(読売新聞)
佐渡で産卵のトキ 抱卵を中断(産経新聞)
<訃報>佐田登志夫さん84歳=東京大名誉教授(毎日新聞)
「こんなひどい動作見たことない」 トヨタSUV「不買勧告」の起爆力(J-CASTニュース)
<京急線>生麦駅でぼや、5万人に影響 線路歩く乗客も (毎日新聞)

馬が駆け上がるたびに歓声=三重県東員町〔地域〕(時事通信)

 三重県東員町の猪名部神社で、県無形民俗文化財の上げ馬神事が行われた。同神社の上げ馬神事は、土壁を駆け上がった馬の数で農作物の豊作凶作を占う鎌倉時代から始まったとされる伝統行事。高さ約2メートルの土壁を馬が駆け上がるたび、見物客からは大きな歓声がわき上がった。
 馬場上で地元青年団らが馬の通り道をつくるように隊列を組み、「絶対上げるぞ」と威勢を上げる中、少年騎手6人が色鮮やかな花笠・武者姿で上げ馬に挑戦。3日の上げ馬では、12頭中6頭が成功。4日には6頭中5頭が土壁を駆け上がった。
 猪名部神社の上げ馬神事は、例年4月の第1土・日曜日に行われている。県の無形民俗文化財には2002年に指定されている。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕加藤清正が空港に登場=熊本
〔地域の情報〕「人間魚雷」工場跡、撤去へ=佐賀県伊万里市
〔地域の情報〕いわてフェア開催=メトロポリタンホテルズ
〔地域の情報〕ボンネットバスで観光振興=鹿児島
〔地域の情報〕奏でるウィーン巨大金貨を展示=宮崎県

<輸血ミス>60代女性死亡 因果関係なしと阪大病院(毎日新聞)
垂直尾翼ではく離=ISSドッキングに影響なし-山崎さん搭乗のシャトル(時事通信)
五木寛之氏・直木賞選考委員退任 「新しい空気必要」(産経新聞)
刃物強盗、男2人を逮捕=薬局に押し入り70万円奪う-大阪府警(時事通信)
給食牛乳、紙パック「直接飲み」論争(読売新聞)

換金目的?偽造収入印紙、自宅から1万枚発見(読売新聞)

 偽造された額面200円の収入印紙50枚を金券ショップで換金しようとしたとして、警視庁は2日、東京都新宿区原町1、自称マッサージ店員長島計之容疑者(47)を印紙犯罪処罰法違反(使用)などの疑いで逮捕した。

 同庁幹部によると、長島容疑者の自宅などから同様の偽造印紙約1万枚が発見された。長島容疑者は「知人からもらった」と供述しており、同庁で入手ルートを調べている。

 発表によると、長島容疑者は1日夕、港区新橋の金券ショップに額面200円の偽造収入印紙50枚を持ち込み、換金しようとした疑い。

 偽造印紙はミシン目や裏面ののり付けが施されるなど精巧なものだったが、店員が紙質の違いに気付き、同庁に通報。捜査員が事情を聞いたところ、容疑を認めたという。

「金返してくれないからやった」 車に男性監禁、容疑の男2人逮捕(産経新聞)
「どう接したら…」 2乳児遺棄の母、長男を虐待か(産経新聞)
<埼玉保険金殺人>八木死刑囚の再審請求棄却 さいたま地裁(毎日新聞)
西部ガス関連ビルに発砲か=玄関に弾痕、けが人なし-福岡(時事通信)
雑記帳 「アキヒメ」で支笏湖の新ご当地グルメ(毎日新聞)
プロフィール

あさぬまてつお

Author:あさぬまてつお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。